戸田久実オフィシャルサイト

アンガーマネジメント

怒ってはいけないということではなく、
怒る必要のないものには怒らなくていいように、
怒らなくてはいけないことには適切な怒り方ができるようになること

アンガーマネジメントとは、「1970年代にアメリカで開発された怒りの感情をマネジメント(上手に付き合う)するための心理トレーニング」です。

怒りを感じてはいけない、怒ってはいけないというものではなく、「怒る必要のあるものには適切な怒り方ができ、怒る必要のないものには怒らなくて済むようになれること」です。つまり、「あのような怒り方をしなければよかった、また、あの時、怒っておけばよかった」と、後悔することのないよう、「怒り」という感情に振り回されなくなるというものです。

企業研修にて「できれば怒りたくない、だけどイライラする」というご相談を受けることが多くなりました。一般社団法人日本アンガーマネジメント協会の調べでは、「ビジネスパーソンの9割が仕事で怒りを感じたことがある」とこたえています。しかし、「怒るのはみっともない」「怒ることで人間関係を壊してしまうのでは」という思いから無理に抑えこんでしまったり、イライラしている自分を責めてしまうという方、また、感情的に怒りを表現してしまい、人間関係や仕事に影響を及ぼすことになり、後悔したり自己嫌悪に陥るという方の話を耳にします。

「怒り」は私たち人間にとって自然な感情です。怒りを感じることも、そして怒ることも悪いことではありません。しかし、他の感情と比べると強いエネルギーを持つため扱いづらく、さらに「怒り」は悪いものだと思い込み、しっかり目を向けてこなかった人が多いのではないでしょうか。「怒り」を抑え込んでフタをし、しっかりと向き合わないことが、余計に扱いづらくします。大切なのは、怒っている自分自身を否定せず、自分の「怒り」を理解し、振り回されずに上手に付き合うことです。

また、昨今は
「パワハラにならないよう、どのように指導し、叱ったらたらいいのか。」
「クレーム対応などで、お客様の怒りにどのように対応したらいいか。」
「ダイバーシティ推進が進む中、価値観が違う人とどのようなコミュニケーションをとればいいだろうか」
「職場の雰囲気をよくし、チーム力をアップさせ、仕事の生産性を高めるにがどうしたらいいか」
などの ご相談を受け、アンガーマネジメント研修のご依頼を頂くことも多くなりました。

研修後の主な感想として、
「“怒り”の感情について、研修のような視点で考えたことがなかった。今後、自身によるトレーニングで怒りとうまくつきあうことが可能であるとわかったことが最大の収穫。チーム全体で同じ研修を受けるとより効果的だと思った。」
「自分がどんな時に“怒り”が生まれる性質なのかを知ることができた。また、相手を攻撃せずに怒りを鎮める方法を学べ、若年層への接し方や納得感のある叱り方を学べた」
「自分が知りたかった“怒り”とはどういうのか、どうコントロールすることが出来るかについて、非常に分かりやすく教えて頂き、大変有益なセミナーだった。 グループワーク等も多々あり、他の人の怒りの原因や捉え方、考え方、拘り等を知ることもでき、勉強になった」
などがあります。

アンガーマネジメントを身に付け、怒りを上手く扱えるようになり、かつ感情を上手く表現できることは人の価値観が多様化している今、欠かせない能力です。

アンガーマネジメント研修の特徴

怒りという強い感情に振り回されることなく対処できるよう、講義とワークにより考え方、スキルを身につけていたく研修。

研修内容
■導入講義「アンガーマネジメントとは」

・怒ってはダメということではない

■自分の怒りについて知ろう!

・怒りって何?
・不必要な怒りによるデメリット
・問題となる4つ怒り

■アンガーマネジメントをしてみよう!

・ アンガーマネジメントは対処術と体質改善
・ 衝動のコントロール
・心の器を大きくするトレーニング
・ 怒ること、怒らないことの境界線は明確にしよう

■適切な怒りの表現法

・感情で伝えるのではなく、感情を伝える
・効果的な叱り方とは〜伝えるときのNGワードとは
・自分の感情に責任をもつ

※上記カリキュラムに怒りの傾向が一目でわかる「アンガーマネジメント診断」を取り入れることも可能です。

研修の効果
  • 怒りの感情を理解し、適切な対処ができるようになり、仕事・プライベート面でのストレスを軽減させ、メンタルタフネス度を上げることができる。
  • 組織内での不要な軋轢や衝突を防ぐことができる。
  • 成長に繋がり、組織の活性化を目的とする効果的な叱り方が身に付く。
受講者の声
客観的に自分を見つめることができました。★★★★

伝えるべきことの目的をしっかり考えてから感情的に表現しないようにしたいと思いました。

自分自身で怒りやストレスはコントロールできるものだとわかりました。 ★★★★

怒ることと、怒らなくていいことの見極めをしようと思いました。

怒る理由を具体的に考えたことがなかった。★★★★

これを知ることにより、怒りへの対処法についても整理できた。

勇気づけとアンガーマネジメントで部下育成 

チームの活性化、部下の成長を目的とした
「勇気づけ」の心理学を学びましょう

アドラー心理学は、フロイト、ユングとともに「心理学の3大巨頭」と呼ばれたアルフレッド・アドラーが打ち立て、後継者たちが発展させた心理学で「勇気づけ」の心理学と言われています。

様々な問題を自発的に乗り越える努力、目標に向けてメンバーと力を合わせ、 協力できる力を与えることができる「勇気づけ」により、個々の自立を促し、チームの活性化を図るためにはどうしたらいいか。

また昨今、パワハラになりたくない、反発されたくないという声が多い中、アンガーマネジメントにより、部下の成長につながる効果的な叱り方をするにはどのようにしたらいいのか、講義と実習により掴んでいただく研修です。

研修内容
■部下指導に活用できるアドラー心理学の理論とは

・アドラー心理学とは
・共同体感覚を身につける

■勇気づけとは

・様々な課題を自発的に乗り越える
・「褒める」と「勇気づけ」との違い
・「勇気づける人」と「勇気をくじく人」の違い
・自己受容度を高めよう

■アンガーマネジメントとは

・怒ってはいけないということではない
・怒りとは
・私たちの怒りのもとになる「べき」とは
・「怒る」「怒らない」の境界線を明確にする

■効果的な叱り方とは

・叱る目的は何?
・適切な表現の仕方とは
・叱るときのNGワードとは
・アンガーマネジメントのポイントとは

■相互信頼をベースにした関係を目指す

ページトップへ